釣りを始める前にまず自宅で練習しておきたい事
   糸と糸の結び方・糸と針の結び方
   
いろんな道具との結び方


 どれか一つで良いですから確実に結べる様にして下さい。暗い夜釣りでは苦労します(経験より)。
 どんな竿を選ぶ?
 竿がなければ釣りになりません。竿にも色々あって、投げ竿、磯竿、落とし込み竿等々。どんな竿を選ぶ?はどんな釣りをするの?と言うことになります。複数の竿を一度に買うには、安い物にしてもそれなりの金額ですが、できれば投げ竿と磯竿はあった方が楽しめます。値の張る物でなく最初は安価な物で十分です。両方は無理と言う方は、投げ釣りからが良いと思います。竿は、投げ竿の場合一般的な4.0m前後の竿が、磯竿は、5.4mの2号位の物が、〇〇釣具店等で特価品として、安価に売られていますが、その程度からで良いと思います。リールは、投げの場合3号が200mぐらい巻けるものを、磯竿は小型スピニングで一応の釣りにはなります。安価な物からでと書きはしましたが、安価であれば何でも良いと言う訳にも行きません。後々、無駄買いになってもつまりませんので、竿もリールも店の人に良くお聞きになって、できれば、ある程度以上の経験者にご一緒して頂いて選んでもらって準備しましょう。
 その他の道具
 糸などの仕掛け類、クーラーボックスなどは別にして、波止などで、大きな魚が釣れた時や場所によっては”たも・スカリ(魚を海中で生かしておく網篭)・ストリンガー(魚を金具で止め海中で生かしておく道具)等”が必要になります。あとは中高年の方の場合に老眼鏡は絶対必需品。私なんぞ忘れない様に注意してます。夜釣りでは、細い糸を結ぶ時に苦労するようになってきました。
 エサについて
 波止で釣れる魚は、大抵の魚は虫エサ(イシゴカイ・青虫(青イソメ)等)・アミエサ(オキアミ・アミエビ)を釣りエサとして用いますが、クロダイなどは他にカニやカラス貝、メバルなどは生きたエビなどを使う事もあります。狙う魚によっては日によって季節によって釣れるエサが変わることがあるからです。しかし、まあ青虫あたりを使うのが最初は無難なエサと言えるでしょう。
 魚が釣れた時の保存方
 いろいろな方法が言われています。クーラーボックスに海水を汲みいれ氷で冷却して持ち帰る方法。全て氷で冷却する方法などなど。 私の場合の保存法は、今の処、普通の氷の代わりに、普段飲んでいる酒の紙パックに塩水を入れ冷凍させたものを2本クーラーボックスに入れ、釣れた魚はその上にレジ袋に入れて持ち帰ります。塩水は、普通の氷より持ちが良いですし、紙パックですから濡れることもないですから。
三重釣りある記
釣り場案内