釣行日:2011年7月12日(火) 
アジ(13.5cm〜)--10 コノシロ(28・26cm)--2
場所:四日市港
 前回、中途半端に終わったのでその続きを・・と再度四日市港へ行きました。丁度曇り空で暑さが凌げると思ったのですが、今日は風がやたら強く竿が煽られ通しです。アジも時折り来る程度ですが、2周間前よりは多少サイズは大きくなっていました。風は強くなる一方で完全に諦めモードの中、置き竿でボーとしていると何やら竿先がカタカタと揺れて、上げて見ればコノシロでした。再度放置していると再びコノシロですが後はさっぱりの状況でしたからここで終了しました。
 釣行日:2011年6月28日(火) 
サバ(22〜20cm)--30(内10は頂き物) 豆アジ--19 サッパ--1
場所:四日市港
 1ヶ月ぶりの竿出しに14:00過ぎた頃四日市港へ行きました。サバが釣れているのは聞いていましたが、第三埠頭には常連さんの姿は見えません。北角でサビキの試し釣りを始めましたが暫くすると豆アジがポツポツ。丁度そこへ模様眺めに来た常連さんのお一人がアジを見て慌てて竿の準備をはじめましたが、残念ながらそれ以降はサバに変わりました。丁度入れ喰い状態に入ったところで、停泊中だった大型船の出港です。スクリューにかき回された海底の泥が撒きあがり、潮は渦をまいてサバは散り万事休す。まだ餌が残っていたので無くなるまで竿は出しましたがポツポツと釣れ出すまでに1時間半も経過しました。
 釣行日:2011年5月20日(金) 


サヨリ(34〜27cm)--25 メバル(18cm)--1  カサゴ(18・16cm)--2
場所:三部突堤
 これまで何やかやと時間も取れず、久しぶりの釣行です。昼頃に家を出て四日市港を覗いてみましたが、三角にお一人いるだけで釣果もなさそう。ついでにと工事の終わった鈴鹿漁港にも撮影に立ち寄りましたが何やら海が赤い。白子も覗いて見ましたがやはり海が赤くこれは厳しそうな予感。白子では干潮時間だったので皆さん潮干狩りの真っ最中でしたが、一組のご夫婦に聞いたところ今年のアサリはあまり採れないとの事でした。 その後三部へ行って見る事に決め、工場前に車を停めて折りたたみ自転車をこぐが、久しぶりに来てみると結構遠く感じます。突堤に先客はお二人でしたが芳しくないようだ。管理棟横で準備をして、しばらく探り歩いて見るが何の反応もない。霞の石炭や沖堤で時折りアジの良型が釣れるとの話も聞いていたので、試しにサビキをしてみました。先端で投げようと思いましたが風も出てきたので管理棟横での竿出しです。でもサッパの反応さえありません。チヌを探りながら歩く人もチンタが2枚あがった程度で、後は反応もないそうです。私もご同様でアミエビを撒いているだけのようなものであきらめムード。竿を置いたままのんびりお茶を飲んでいたら、何やら魚がはねて竿がカタカタといっている。慌てて竿を上げると何とサヨリでした。が、油断していたせいで仕掛けが絡まってしまっています。案外簡単に解けたのですぐに再投入したところ続けてのサヨリです。予定外ではあったけどサイズも良く、半分あきらめていただけに嬉しい限り。その後もポツポツと釣れ続きましたが、撒き餌がなくなるとともに寄りついては貰えませんでした。丁度日も落ちてしばらくの間探り歩いてみましたが、リリースも含めメバルが2匹とカサゴが3匹釣れただけで、潮が止まってアタリも無くなり終了しました。
三重釣りある記
ヘボ釣り釣行記(2011)-1
2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
12
ヘボ釣り釣行記(2011)