釣行日:2009年12月2日(水)      
タケノコ(19cm)--1 カサゴ(17cm)--1 メバル(15cm)--1
場所:四日市港
    ここ数年、月一ゴルファーならぬ釣り人になってしまった。こんなご時世、仕事優先じゃぁないと、完全に干上がってしまうからしようがないか・・。なんて思っても行きたい気持ちが失せた訳でもなく、この日も隙ができたので、急いでお出かけです。さて、何処へ行こうか道中で考えながら、あちこち模様眺めの末、四日市港へ着く。普段は沖側へ行くが、今日は三角より西側に車を止め準備開始。底近くを探りながら歩くと、クイッ、クイッと魚の反応はある。でも、針には乗ってはくれません。数度しつこく餌を落とすと、やっと現れたのがチビメバル。同じようなやりとりで上がってくるのはやはりチビメバル。1時間程おチビさん達と遊びながら探っているとカサゴ。日も落ちてきてタケノコが来たが、少し冷え込んでもきました。その後は、小さなアタリはあるが中々食いが浅く、合わせても乗ってくれない時間が続き、15cmのメバルを最後にアタリもなくなりました。随分と冷たくもなってきたので、19:00前に早々に切り上げです。途中、フラフラといつもの沖側を覗いてみると、アジ釣りの常連さん達が北角でサビキをしていたが、この日は全く釣れていないとのこと。そろそろ終了気配?。
   釣行日:2009年11月6日(金)      
アジ(16〜13cm)--4 グレ(22〜20cm)--2 サンバソウ(18〜17cm)--3 メバル(17〜16cm)--3
場所:三部突堤
 
    仕事も丁度空きになったので、アジ釣りに一か月ぶりの三部突堤です。金曜なので混んでいるのかなぁ・・?と思いながらも15:00頃に守衛室前に着。案外車も少なくゆっくりできそうな雰囲気です。途中でお帰りになるお2人に合う。何でも40cm超えのアイナメを釣り上げたのだとか。随分な手ごたえだったのでしょう。そうは出ないサイズですから・・。突堤も、見た範囲の先客は3人程で、いつもの場所に陣取って先端付近を見れば2〜3人ほどの人がいる。前回にもお会いしたアジ釣りの人も近くに陣取っていらっしゃる。私も準備をして釣りに入るが、丁度同じ頃にお2人連れが横に入って来られた。何でも、昨日も来たんだとおっしゃるが13匹しか連れなかったのだそうな・・。イヤな話を聞いてしまったが、今更どうなるものでもないし釣り続けるも、グレやサンバソウが時折来て、肝心のアジも単発です。今日はダメなのか?と思った頃、先端で、投げて快調に釣り上げている人がいるとう話を耳にしました。でも、今更場所替えも面倒だし、その内に遅れて回って来るだろうと、慌てず騒がずの態勢で、じっと待っていましたが、一向に回って来ません。前回もお会いした方は、とうとう先端に移動されました。後から横に来られたお2人も投げに転じたもののポツリポツリの釣果で17:00過ぎまでで15〜16匹程の釣果。私はと言えば、浮きを車に置いたままだったので、取りに行く訳にも行かず、結局お愛想程度に4つ釣れただけの悲しい結果で、17:30頃に切り上げました。
   釣行日:2009年10月9日(金)    
アジ(16〜12cm)--34 グレ(20cm)--1 ウミタナゴ(22cm)--1 サンバソウ(16cm)--1 カサゴ(16〜14cm)--4
場所:三部突堤
 
    前日は、強い台風に古くなってきた我が家は雨漏り被害。台風と言う度に伊勢湾台風が思い出されて、通り過ぎるまでは落ち着きませんでした。こんな嵐の後だからゴミや流木などでさぞや大変だろうと、何気にライブカメラを覗いたら、釣り人の姿も見えるし漂流物も写っていない。随分と荒れた筈なのに?。なら、行って様子見でもしてこようと15時半頃に三部へ到着しました。突堤のいつもの場所で竿の準備をしてアジ釣り開始。暫く何の反応もなかった竿にアジがアタリだした。まずまずのペースで釣れはするが15cm程の小アジ。大き目の仕掛けにしたので極端に小さなものはないが、大きなものも無く毎度のから揚げサイズです。日が落ちるとピッタリとアタリも止んで、これもいつものパターン。竿を根魚狙いに変えて底を探るとウミタナゴが釣れた。続いてグレと案外期待させる雰囲気でしたが後がさっぱり。ポツリポツリとチビカサゴにサンバソウはあったものの、アタリも少なく、随分と寒くなってきたので終了しました。
三重釣りある記
ヘボ釣り釣行記(2009)-4
2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
1234