釣行日:2006年10月18日(水)
本日持ち帰ったメバル
16cm〜13cm--18匹
場所:四日市一文字堤
 釣り師匠のカワさんからの誘いで一文字堤へメバル釣り。最近忙しいらしく、今日しか行けないという。15:30に待ち合わせ15:50の渡船で沖堤に渡る。我々を含め6人の客の内、4人が旧堤へ。何でも、前日の新堤はサッパリだった様子。4人共、角手前付近に陣取り、時間に間があるので、世間話をしながら、のんびりと竿の準備をする。最近は日の落ちるのが早い。17:00をまわると薄暗くなってきた。カワさんがチョット試しの竿だし。私も同様に竿出し。いきなりアタリが来たが竿にのらず残念。が、アタリはそれきりで暫らく時間が過ぎる。他の人もご同様。19:00をまわってアタリが出だした。メバルです。が、小さい。19:30を過ぎる頃に入れ食い。が、すぐ終わる。どうやら、群れが小さいようだ。暫らく間があってポツポツと釣れ出すがまたすぐ終わるし、小さなものばかり。そんな事の繰り返しのなかでお一人が、先端まで行ったら釣れたと20cm超のメバルを持ってこちらを覗きにやってきた。「やっぱりちいさいよねぇ」とおっしゃる。大きいのはその方の1匹位と、すぐ後でカワさんのあげた20cm超のカサゴくらいであとは小ぶりのものばかり。時間が過ぎるにつれ、小さくなるばかり。ハゼにトゲをつけたようなものまでも釣れだし、エサを随分余しての終了となりました。
三重釣りある記
ヘボ釣り釣行記(2006)-5
12345
2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
1234・5